« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月15日 (土)

ゆっくりしていってね!!

と、心の中の誰かが叫んだので明日から関東に22日まで遊びに行ってきます。

ちょっとみたいものが色々あるので。

用事がある方は携帯にご連絡を

2008年11月14日 (金)

飛騨高山和服で歩き隊?まとめ

手短にまとめるとこんな感じです。

 ・高山の観光地としての魅力が減ってきていると言われたよ。

 ・高山は建物が古いんじゃない暮らしてる人々が古いんだ!!

 ・それをアピールするにはどうすればいいのかな?

 ・じゃあ、街の中を着物を着て歩こう!!

まぁ、家族や友人、好きな子と気軽に和服で飲みに行ける街になったら僕は嬉しいかな。そしてそれは高山という街にとっていい事な気がします。

飛騨高山和服で歩き隊?2

まぁ、パート1のようなカオスな事を飲みながら語り合っていたわけであります。以下その続き。とても長いです、まとめれないorz

 で、次は高山の街が観光地化して魅力がなくなってきたという話になったわけです。(はっきり高山って下品になったよねと言われたこともあります)

 じゃあ、何が下品なんでしょうね?観光地化とは古い町並みが土産物屋になったことをさしてのことなのだろうとは思います。そして保護地域外に新しいものが建つ事を言うのでしょう。人によっては高山駅を降りてすぐのビルをみてがっかりするという話も聞きました。何だ普通の街じゃないかと。そこまで高山のイメージは古い、昔ながらのというものが定着しているということなんでしょうけれど。

 ぶっちゃけ、古い建物は断熱材云々でとっても寒いし暮らすには不便ですよ。その不便を楽しむことが出来るのは極少数でどんどん新しいものに変わるのは僕は致し方なしと思ってます。

 では高山の古いって言うのは建造物の古さだけを指すのかな?と疑問に思ったわけです。これは断じてノーだろと、いろんな人のつながりから僕はお茶を習わせてもらっています。また踊りをされている方、高山の祭りを支えている方、屋台等の道具の修理に携わっている方、いろんな人の話を聞かせてもらって断じてノーだと。

 また成人前の若い子がお茶や踊りをやっているわけですよ。で、またこの子達が個性的ですごく面白い。人数は少ないだろうけれどこの人口規模の街で奇跡といえるほどずっと受け継がれているわけです、高山という地域性を含んだ日本の伝統的な文化が。

 つまり高山という街は変わらず古いと思うわけです。ハードの建造物はやはり新しくなってしまうのは必然です。ただソフトとしてのそこに暮らす人々は相も変わらず古いんだぞと。具体的に言うなら古いとは伝統的な文化を守っているということですが。

 ぜんぜん着物で歩くことに繋がってないわけですがここから本題です。

 ではそういったソフトの面での古さ、伝統的な良さは観光に来られた方々の目に映っているのかな?僕はそんなには見えていない気がするわけです。じゃ、どうすればいいのかなと思ったときに僕は着物かなと思ったわけです。国内、海外を問わず観光に来られた方々が視覚的にも楽しんでもらえるんじゃないかなと。ついでに僕らも楽しいかなと。

 で、みんなで晴れの着物じゃなく普段着としての着物で連休とか休みの日に歩いていろんなことを話しながらお茶しましょうよと飲み対比とは夜のみましょうよと。高山の街に出てこなくたっていい家の中でも良いから着物を着て高山という街を意識してみましょうよと。

 と、飲んで話したわけです。ぐだぐたとw

 というよりですね、僕は着物持ってないわけなんですよ。いいだしっぺがなんですが。来年30になるのでそのときまでに着物ほしいっすねーという話をしてたわけです。(横高でマネキンの人に30くらいから恥かきながら着物着てたら4,50になったら様になるよって言われたのもあります)

 で、約一ヵ月後、飲み会があるからといわれ荒家邸にお呼ばれしたら知らない方々がいっぱいで前はなした話をしろと言われ飲んで話して、気づいたら第一回は11月23日だということになって。僕着物ないですよといったら都屋さんがあるよと用意して下さってゲット。この話も続きがありまして、次に合わせに都屋さんを訪ねたら協賛企業まで付いていました。行動力ありすぎw。で会わせたら小さいから直さなきゃいけないなと話していたら一番最初に飛騨で作品を卸した飛騨コレクション奥様が登場。(旦那様のブログ)和裁をされているというのは聞いていましたが、何故このタイミングでというようなジャストなタイミングで登場。偶然だねと笑いながら彼女が直してくださることに。

 まぁ、僕はこの二ヶ月なぜか恥ずかしくて恥ずかしくてしょうがないです。あと周りの方々行動力がありすぎるだろと素直に思ってます。そして純粋にその行動力に憧れます。僕の名が載っているのはこんな結果なので飲んだだけで何もしていませんw

 長々と書きましたが記憶が風化する前に記録しておきたかったので書かせていただきました。

 簡単に次のエントリーでまとめておきます。

飛騨高山和服で歩き隊?

 知らぬ間に高山市民時報に記事が載ったので記録の意味も込めてすごく恥ずかしいのですが書いておきますかねぇ。

 あれは忘れもしない9月某日、前々日に久々に本気で惚れた女の子にふられてかなりへこんでた私めは陶芸家の荒家さん宅でご夫妻と飲んでいたわけです。(結構頻繁に誘われて一緒に飲んでます)奥様は公文の先生で小学生の頃から高校まで私は生徒だったんですね。

 仕事柄、関東のデパートに立つ事が多いんですがそのおかげで高山について気づいたことがいくつかあるという話で荒家さんと盛り上がったんだったかな。うろ覚えですがこんな感じ。飲んでた席での話しなので議論の飛躍が各所に見られますが気にしないでもらえると助かります。

デパートに短期で出展する機会をもらい、様々な方々と話すようになって気づいたことは以下の二点。

  ・高山という街を知らない人はいない。(以前旅行したことがあるか、今後旅行したいと思っているかのどちらか)

  ・昔の高山を知っている方は現状の高山の街にあまり満足していないor観光地になってしまったことを嘆かれる

 営業とかやっておられる方は理解してもらえると思うのですかみんなが知っているっていうのはかなりすごいことで見ず知らずの方と会話するときの取っ掛かりになるんですよね。それプラス、飛騨の匠というイメージから来るものづくりの街としての認識。

 うまく言えませんが、自分はそれまであまり地元というものを意識した事は無かったわけですが自分の作ったモノを売るという事は買う側からみるとそのバックグラウンドを強烈に意識するものだという事。バックグラウンド、その背景とは住んでいる場所、生まれた場所、生きてきた過程。それはきっと作品に表れるだろうし作品の解釈そのものの楽しみとしてのそれがあるんでしょうね。いつものことながら脱線気味になってきたぞw

 敢えてまとめるなら作り手と使い手がダイレクトに繋がっている僕らの商売では高山というブランドは先代の方々が積み上げてきた歴史からモノづくりをイメージしやすく僕は知らず知らずのうちにその力を借りていたということですかね。

 それはきっと祖父が言うところのモノに所以(ゆえん)を付加しイメージは増幅するのかな。

 長くなってきたし脱線気味、パート2でそれが何故和服、着物に繋がったのか書きます。

坩堝がまた割れた

浮気するといつも窯が壊れるんですよねぇ。といつも冗談で言ってるわけですがまたもや割れました。

まぁ、坩堝が割れる要因には腐るほど心当たりがあるわけですが・・・w

バーナーを変えてからバーナーに関しては悩みが消えたわけです。ただ生来の怠け癖で手順を常に簡略化しようとするためか温度を早く上げすぎて坩堝が割れる。

親父は二日間かかってあげる事もあるところを半日から1日程度で上げようとするから自明ではあるわけですが、急がば回れって奴ですね。

2008年11月 9日 (日)

経済に関する秀逸なコピペ

円高⇒ 輸出企業壊滅で、日本経済はおしまいです。
円安⇒ ドル建てGDP減少で、日本経済はおしまいです。
株価下落⇒ 日本経済はおしまいです。
株価上昇⇒ バブルの上、世界各国の上昇率に比べると、下落しているのも同じです。
         日本経済はおしまいです。

GDP上昇⇒ 実感なき経済成長に過ぎません。日本経済はおしまいです。
GDP減少⇒ 日本経済はおしまいです。
世界経済縮小⇒ 外需依存の日本経済はおしまいです。
世界経済拡大⇒ 日本の存在感がなくなり、日本経済はおしまいです。

物価下落⇒ デフレで日本経済はおしまいです。
物価上昇⇒ インフレで日本経済はおしまいです。

日本が米国債を増やした⇒ 日本はアメリカの飼い犬で、日本経済はおしまいです。
日本が米国債を減らした(現実はこっち)⇒ アメリカへの影響力が薄れ、日本経済はおしまいです。

中国株価下落⇒ 調整です。日本経済はおしまいです。
中国株価六割下落⇒ 調整です。日本経済はおしまいです。
中国不動産バブル崩壊⇒ 不動産価格が正常化しています。日本経済はおしまいです。
中国貿易黒字激減⇒ 中国が内需を拡大しています。日本経済はおしまいです。

中国人民元上昇⇒ 中国が存在感を高め、日本経済はおしまいです。
中国人民元下落⇒ 中国輸出企業が興隆し、日本経済はおしまいです。

中国が米国債を増やした⇒ 貿易黒字がとどまるところを知りません。
                  輸出大国と言われた日本経済に明日はありません。
中国が米国債を減らした⇒ ドルへの依存度を減らし、自立経済を模索しています。
                  日本経済に明日はありません。

表現は過激にしてるけど実際マスコミの報道を要約していてちょっとわらった。

実際世界的に見ても日本は内需の規模は大きい方なんですよね。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ