« 2008年2月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年4月30日 (水)

本のご紹介(うつわの手帳)

独立当初から私の作品を色々な所に紹介してくださっている日野明子さんが本を出されたのでその紹介です。各工房、作家ごとにちょっとしたエピソードを加えて書かれていますので非常に読みやすいですし面白いです。全ての作家のところに足を運び生でその声を聞き話をしてきたのだろうなということがよくわかります。読んでいるとうつわが好きで好きでたまらないという感じがよく伝わってきて非常に面白いです。文章量もかなり多いので読み応えもあります。

一昨日、地元の祭りの後に親父の家で二人で飲んでいたのですがめずらしくベタほめでもう3回読んだと熱く語っていたりします。日野さんの仕事は作り手と使い手を繋ぐ好きでなければ到底やれ無い仕事で、そして我々作り手にとってはすごく大切な方です。たぶんこういう言い方は失礼だと思いますがそういった方は数人知っておりますが皆、作り手が集まるとどうやって暮らしてるんだろうと心配するくらいの掛け率でお仕事されています。

事あるごとに父は我々作り手以上にモノに対する愛情と情熱がある人でなければ出来ないといっています。私もまたそう思います。日本の私のような駆け出しの工芸作家はこういった方に育てていただき、皆さんの前にモノを作りご覧になっていただく場を作ってもらっています。普段話をしているととても楽しい方で気さくで小難しいことは一切ないのですが、作品に対してはとても厳しい方です。私のような若手の作家はそれこそ日本には腐るほどいますので毎回作品を見せるときにはとても緊張感があります。そしてその緊張感が作品を作る上でとてもいいプレッシャーを与えてくれるのです。

ちょっとした紹介にとどめようと思っていたのですが文章が長くなりました。とても読みやすく様々なちょっとしたエピソードもあります。素敵な写真とともに読んで楽しめるうつわの本というものはそんなには無いと思いますのでよろしければ皆さんご覧になってください。amazonで検索かけたところでましたのでネットでも購入できるかと思います。

「うつわの手帖-[1]お茶」 日野明子著 ラトルズ ¥1,890(税込)

株式会社ラトルズHP
http://www.rutles.net/?text=%82%A4%82%C2%82%ED%82%CC%96%7B

日野明子http://www.seikatsukogei.com/

PS 新宿伊勢丹の案内状まだかいてません、だいぶ遅れそうですいません・゚・(つД`)・゚・

2008年4月21日 (月)

お久しぶりです。

とりあえず近々の仕事情報です。

4月30日まで岐阜大和画廊にて個展をやっています。

http://www.daiwagarou.com/exhtop.html

5月6日~11日まで新宿伊勢丹に出展します。

ちょっとどころではなく忙しいためブログ更新その他各方面の方々にご迷惑をおかけしております。

スケジュール管理の必要性をかなり再認識しているところです。9月にはいればだいぶましになると思いますのでそのときに色々とご返事が出来るかと思います。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ